空間造り

8月 21, 2018 Posted Under: 住宅   Read More

最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられることが多いです。視線を遮る壁や間仕切りをできるだけ設けず、空間の横のつながりを大事にしています。このようにすることで広さや開放感が得られますし、明るさや風通しもよくなるのです。

しかし、縦の空間の繋がりも大事にしてみてもいいと思います。LDKの一部分に吹き抜けを設けることで二階にまで視線が繋がり、面積以上の広さが得られ、一階と二階の距離をグンと縮めてくれるのです。住宅内の一体感が得られるのです。縦の空間の繋がりを大事にするにはスキップフロアを設けるのもいいと思います。

空間を壁で仕切るのではなく、段差を設けることで、空間を緩やかにゾーニングしながらも一つの連続性のある空間の繋がりを持たせてくれるのです。家族が別々の場所で過ごしていても互いの気配を身近に感じられ、家族の一体感を高められますし、コミュニケーションも取りやすくなるのです。そして、一体感のあるLDKに隣接する形で和室が設けられる間取りも人気となっています。

しかし、洋風のLDKと畳の和室が隣接することで互いの空間に違和感を与えてしまうこともあります。そこで和室に高さを設けて小上がりにするのです。高さがあることで建具で仕切らなくても空間のメリハリが生まれ、互いの空間に違和感を与えないのです。また、家族団らんの場となるリビングをダウンフロアにします。ダウンフロアにすることで天井が高くなり、より広さや開放感がプラスされ、適度なこもり感が居心地の良さを高めてくれます。このように床に高低差をつけることで空間のメリハリを生み、居心地の良さも得られるのです。

暮らしやすい家

6月 11, 2018 Posted Under: 住宅   Read More

老若男女問わず暮らしやすさを感じられる住まいにするには、家族構成やライフスタイルに合った間取りにすることです。ライフスタイルに沿った間取りで、住宅内の動線のスムーズさを得られることで暮らしやすい住まいとなることを頭に入れておきましょう。マンションの間取りで多いのが、中央に廊下を設け、廊下から各部屋に入るという動線です。

しかし、最近ではリビング・ダイニングが全体の中心と考え、そこから洗面室や個室へ入っていく動線が人気となっています。このような間取りにすることで廊下の面積が少なくなります。最近では廊下がデッドスペースとして考えられることも多いです。廊下が少なることで各スペースを広々と確保でき、空間を最大限に有効活用しやすくなります。この魅力を活かし、廊下をできるだけなくした間取りが人気を高めているのです。

また、主婦にとっては365日休みのない家事はできるだけ効率よく行いたいものです。そこで家事を行う上でよく行き来をする家事動線に注目して間取りを決めることも大事なのです。家事動線で一番重要なのが、キッチンと洗面室です。これら二つの空間の移動距離を短くしておくことで家事の効率化を図ることができます。横に設置して3、4歩で行き来ができるようにしておいたり、キッチンの裏に設けておき移動距離を短く、そして行き来がしやすいようにしておくと家事の負担を軽減できるのです。

このようにスムーズな動線に配慮して間取りを決めることで、暮らしやすく、日々の生活も大きく変わってきます。暮らしをイメージして家族みんなが住み心地の良さを感じられる住まいにしたいものです。

洗濯物干し場

4月 13, 2018 Posted Under: 住宅   Read More

洗濯は毎日行う家事の一つです。家族が多い家庭では一日数回行うこともあるでしょう。洗い終えた洗濯物は水を含み重さを増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動するので洗濯機を設置している洗面室から洗濯物干し場までの動線はできるだけ短くしておきましょう。そうすることで高齢になった時でも身体に負担がかかりにくく、家事への不満も軽減できるのです。

一番避けたいのが、一階の洗面室で洗濯を行い、二階のバルコニーで洗濯物を干すということです。動線が長くなるだけでなく、動線上に階段を挟むため身体にかかる負担が非常に大きくなってしまうのです。家事の効率を上げるには家事動線のコンパクトさが大事であるだけに、動線が長いと家事への不満となって出てきてしまうのです。

一番動線が短くて済むのが、洗濯機を設置している洗面室に勝手口を設けてその先にインナーバルコニーを設けここに洗濯物を干します。これなら洗濯物を抱えて移動する手間がほとんどないため身体に負担がかかりませんし、洗う→干すという作業が効率よく行えます。インナーバルコニーなら急な雨でも洗濯物が濡れる心配もありません。

そして、洗面室の広さを確保して天井に室内干しを設けておきます。ここに室内干しがあることで悪天候時や夜洗濯を行った場合でも、洗濯物干し場に困りませんし、洗う→干すという作業が同じ場所で行えるので家事の効率が上がります。屋外用の洗濯物干場と室内物干しの動線もこれなら短いため、サッとここに洗濯物を移動させて一時置きできるので便利です。洗濯物干し場は動線に注目して設けましょう。

楽しみながら片付ける

2月 20, 2018 Posted Under: 住宅   Read More

子供が片付けられないと、自分がダメだと自己無能感に襲われイライラする事があります。イライラは子どもに伝わり、お片付けは嫌なものというイメージを与えてしまいます。深呼吸をして、楽しめるお片づけにしましょう。

遊びと片付けは、セットにして覚えさせましょう。
先の楽しい事をイメージさせる・・・今楽しんでいる子供に片付けへと動機付けするには、片付けをした後、どんな楽しいことが待っているのかをイメージさせます。楽しいことを子どもと一緒に思い浮かべ、そのために早くお片付けをしようと声を掛ければ、早く次のことがしたいので、お片付けがスムーズに進みます。

もっと遊びたい気持ちを受け止める・・・ぐずったら、無理に片付けを促さず、おもちゃで遊びたかったんだよね、と抱きしめてあげましょう。子どもは気持ちを分かってもらえるだけで安心します。もうちょっとだけ遊んだら、一緒にお片付けしようね、と声をかけ、子どもの納得感を尊重してあげます。

ゲーム感覚を取り入れる・・・幼稚園や保育園の運動会では、玉入れの後に、お片付け競争という競技をすることがあります。お片付けをゲームにした良い例です。10数えるうちに、ここにおもちゃを入れよう! 10・9・8・・・とカウントダウンしながら片づけを楽しみ、ブロックさんはここだよ、せ~の!と目標を決めるなど、ゲーム感覚を取り入れてみましょう。

お片付けが楽しくなる便利アイテムを活用しましょう。
一例として、PACOという、何でもポイポイ入れられ、フタをパコっとおこせば、手持ちバッグとしても使え、当たっても痛くない安全設計の、カラフルな4色のおしゃれなグッズなどがあります。

依頼した業者

12月 20, 2017 Posted Under: 住宅   Read More

家造りを始めるにはまず依頼する業者を選ぶことから始まります。そして、この業者選びこそ家造りの最大のポイントでもあることを忘れてはいけません。希望に合った、または期待以上の家ができあがるかどうかは最適のパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

そこで我が家はこの業者選びに多くの時間を費やしました。我が家は地域密着型の工務店に依頼することにしたのです。大手ハウスメーカーのように一目見ただけでどこのハウスメーカーのものか分かるような住まいではなく、自分達の希望やこだわりが活かされたオンリーワンハウスを実現させることができました。我々の要望に丁寧に耳を傾けてくれ、素材や工法、デザインや設備など自分達が希望するものを取り入れることができました。一つ一つの打ち合わせを重視してくれ、親身に対応してくれました。

時間が掛かってしまう反面、完成時の充実感や満足感は非常に高いものがあります。経験や知識の豊富さも安心できました。的確にアドバイスをしてくれ、幅広い提案の中から最良の一つを選ぶことができたのです。施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれるためそこも安心できた点です。世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることも多いのですが、我が家は信頼できるパートナーに出会えたことで安心して家造りを任せることができたのです。人生最大の買い物となる住宅は、慎重にかつ信頼できるパートナーを見つけ出すことが大事なのです。

玄関の充実

10月 9, 2017 Posted Under: 住宅   Read More

住まいの顔とも言える玄関は、家族が毎日出入りを行いますし、家に来たお客様が最初に足を踏み入れる場所です。生活感を無くし、オシャレで、出入りや利用しやすい空間にしたいものです。

まずシューズクロークの収納力が大事です。玄関は気が付けば脱ぎ散らかされた靴や屋外で使用した物が玄関脇に置きっぱなしになりがちです。そこで靴や傘はもちろんのこと、屋外で使用する物までしっかりと収納できる収納力のあるシューズクロークを設けましょう。我が家のシューズクロークはL字型に可動オープン棚を設けています。家族の靴はもちろん、工具や子ども達の屋外用おもちゃ、アウトドア用品、靴の空き箱などこの棚にきちんと整理することができています。

棚の下部にはハンガーパイプを取り付け傘やボールを吊るして収納することができています。そして土間収納スペースも確保しました。ここには大きさのあるベビーカーや三輪車、主人のゴルフバックなど大きさのある物をスッポリと収めることができています。靴を履いたまま、屋外で使用して汚れている状態でもサッと片づけられる土間収納はとても便利です。このシューズクロークからも室内へ入れるように動線を確保しました。室内への通路部分にはコートクロークを設けて、外出先で着ていた上着をここに収納することができるようにしました。

履いていた靴、屋外で使用した物、そして着ていた上着をこの玄関収納へきちんと整理できることで、玄関がスッキリするだけでなく、室内に脱ぎっぱなしの上着が散らかることもなくなるのです。シューズクローク内に手洗いスペースを設けて、帰宅してまず手洗いをするという習慣を身につけるのもいいでしょう。玄関がより充実した空間になるように配慮したいものです。

リビング・ダイニング

6月 19, 2017 Posted Under: 住宅   Read More

最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられることが多いです。視界を遮る壁や間仕切りをできるだけ設けず、空間の繋がりや視界の繋がりを大事にすることで、広さや開放感が得られ、家族のコミュニケーションも生まれやすくなるのです。リビングを20帖近く広々と確保し、リビング内に4~5帖ほどの和室スペースを設ける間取りも人気です。

リビング・ダイニングは家族が長時間共に過ごす住宅の中心的空間です。家族の憩いの場でもありながらもお客様を迎え入れる場所でもあるだけに、生活感を感じさせずオシャレな空間にもしておきたいものです。そこで吹き抜けを取り入れる家庭も多いです。吹き抜けを取り入れることで、二階にまで視線が繋がりより広さや開放感がプラスされます。面積以上の広さを実感できますし、吹き抜け部分に設けた窓から明るさを確保できるためリビングがより明るい空間となるのです。

この一体感のあるリビング・ダイニング内に階段を設けるリビングイン階段が非常に人気です。今までは玄関の近くに階段が設けられていました。そのため帰宅した子ども達は直接二階の自室へ行くことができたのです。そうすると親は子どもがいつ帰宅したのか気づかなかったり、気づけば外出していたという状況もあったのです。

しかし、リビングイン階段にすることで家族が集まるリビングを通らなければ二階の自室へは行けないようになります。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作り出され、会話も生まれやすくなるのです。住まいの要となるリビング・ダイニングは居心地が良く、オシャレな空間にしたいものです。

適した明かり

4月 14, 2017 Posted Under: 住宅   Read More

照明器具のデザインで空間に与える印象が大きく変わってきます。そのためデザイン性を考慮して照明器具を選ぶ際には部屋の雰囲気に合ったものを選ぶことと思います。デザイン性に注目するのと同時に、明かりにも目を向けてみるといいと思います。気分や目的に合わせて明かりを自由に模様替えすることで、より過ごしやすく快適な空間が広がるのです。

例えば、一日の始まりはすがすがしい空間が求められます。人が心地いいと感じる快晴の青空をイメージしたすがすがしい爽やかな明かりが適しています。白~青っぽい光色のすっきりとした明かりにすることで、すがすがしく、爽やかな気分になります。朝の目覚めの時やリフレッシュしたい時にはよりおススメの明るさです。

逆に家族みんなが集う夜の時間は、よりくつろげる明るさが求められます。空間がより落ち着いた雰囲気になるようにしたいものです。このような時は赤みがかった光色の明かりがいいのです。夕暮れ空をイメージでき、部屋のくつろぎ感が高まり、家族や友人と一緒にリラックスしたい時に最適なのです。

また、勉強や読書を行う際には、文字の見やすさが求められます。白~青っぽい光色で、より明るさをアップさせることで、文字がくっきりとするため読みやすさが向上するのです。特にリビングではこのように様々なシーンが存在し、その時々で適した明るさや色味にすることでよりリビングの居心地の良さが増すのです。照明器具を選ぶ際にはついデザイン性に注目しがちですが、このように光色や明るさの調整ができる機能性に優れたものを選択するといいのではないでしょうか。

サンルームのある暮らし

12月 19, 2016 Posted Under: 住宅   Read More

私は以前からマイホームにはサンルームが欲しいと思っていました。そしてそれをついに実現させることができました。リビングからフラットに繋がるサンルームは、自然の光をたっぷりと取り入れることができる第二のリビングとなっています。フラットに繋がっていることでリビングの延長として、子どもが遊ぶスペースとしたり、ペットと過ごすスペースとしたりと多目的に使用することができます。

サンルームの魅力は、室内では得られない開放感が得られることです。天候によって全面や側面のパネルを自由自在に開閉できるのでその時の気候に合わせることができます。暖かく天気のいい日にはパネルをフルオープンにすれば庭との一体感も高まり自然と隣り合わせの時間が流れます。ここで食事をすればいつもの食事とは一味違った贅沢な時間が流れますし、庭で子ども達を遊ばせてママ友とゆっくりお茶をするスペースとしても居心地がいいのです。

特別な時間が流れるだけでなく、実用性も高いのです。ここには室内干しも完備しました。ここなら天候に左右されることなくしっかりと洗濯物を干すことができます。雨や雪などの悪天候時はもちろん、過分やPM2.5対策にも有効なのです。デメリットは、日よけやカーテンなど取り付けなければ夏はサンルーム内が高温になってしまいます。逆に冬は晴れていないと寒さを感じやすいのです。しかし室内は二重窓効果で温かくなります。このデメリットへの対策をしっかり行えばサンルームは特別な空間となり住まいの楽しみ方の幅が広がるのです。

住宅に大切な統一感

10月 20, 2016 Posted Under: 住宅   Read More

新築住宅を購入しようと住宅の色々な雑誌を見たり、住宅展示場に足を運んで住宅について学び始めたのですが一番大事なことはシンプルなことだと気づきました。それは統一感です。住宅の機能性の充実は言うまでもありません。デザインだけ良くても性能に優れていなければ住み続けることはできません。基準に満たした施工した上で、住宅の良さを決めるのは全体が調和された家かどうかということです。屋根や外壁、庭、カーポートそして内装全てに統一された色や素材、形状を選ぶことが大切なのです。

私の実家は築25年以上になります。25年も経てばリフォームしなければいけない所が出てきて、リフォームした所と以前のままの部屋とのギャップの激しさに最初見た時は戸惑いを隠せないほどでした。リビングは畳の純和風の部屋でその隣のダイニング・キッチンは白を基調とした洋風テイストとなっているのです。どちらの空間もそれぞれの良さがありいいのですが住宅としての調和のとれていなさにどこか落ち着くことができません。

やはり住宅のテイストやスタイルを決めそれに合った外観、そして内装にすべきなのです。インテリア用品においても住宅のテイストに合った物を選び飾ると部屋に一層の統一感が生まれデザイン性が高くなるでしょう。使用する床材やドア、内壁の素材や色合いが決まればそれらに合わせた家具をチョイスすべきです。その他には照明や窓の形状にまでこだわりを持って決めることで統一感を増し満足度の高い居心地のいい住宅になること間違いなしだと思います。